宮城県の鳴子温泉郷にある英国式リフレクソロジーのお店ナルコリフレ店主のブログ

横浜市出身の独身アラサー女子が震災後に宮城県大崎市鳴子温泉というど田舎に移住。数年後、たくさんの友人達に協力していただき手作りの英国式リフレクソロジーサロン『ナルコリフレ』を開業することができました。開業にあたってのいろんなお話や、田舎あるある、移住者あるあるなど発信していきま〜す!

おむつなし育児その①

ども!

ナルコリフレのムロタニです!

ナルコリフレは6月23日で閉店致します。

残りの営業時間はこちらです!

f:id:mutsumiabe501461:20190618192522p:image

 

すでに予約が入ってる時間もありますので、ご来店予定の方はご予約いただけると助かります!

 

今日は友人の予約2件あって、一緒にランチしたりお茶したりワイワイ楽しすぎました♬

ヨガ友の田尻のおおいしやさんの女将にお土産たくさんもらいました✨ありがとうございます♬

f:id:mutsumiabe501461:20190618201611j:image

抹茶わらび餅うますぎ💕
f:id:mutsumiabe501461:20190618201607j:image
f:id:mutsumiabe501461:20190618201603j:image

ランチは安定のコーヒー純さんパスタランチ🍝
f:id:mutsumiabe501461:20190618201614j:image

 

 

 

そして、月曜日は勝手ながら急にお休みいただきありがとうございます♬

 

どーしても行きたい講座がありまして、その名も『おむつなし育児』

 

2009年に設立されたおむつなし育児研究所という任意団体が、全国各地でおむつなし育児を推進する方々と連携して活動を行っています。

 

おむつなし育児と初めて聞くと、なにそれ…っ?と思いますが、おむつを全くしないわけではなく、紙おむつ、布おむつ、布パンツなどを使って、なるべくおむつの外で自然に排泄させる機会をつくる育児のことです。

 

なぜこのことを知ったかというと、私は10年ほど前から布ナプキンを使っているのもあって、産まれてくる我が子にも布おむつを検討していました。でも身近でやっている人の話をきいてみたいな〜〜と思っていた矢先、LINEのタイムラインを眺めていたら、専門時代の友人が布おむつをお子さんに使っているポストが!

 

もうこれは聞かねば!とすぐ質問したら、その友人はすでにおむつなし育児のアドバイザーで、ちょうど宮城に来ていて、仙台の卸町にあるおむつなし育児を実践している保育園の見学に行くとのこと。ナイスタイミングすぎる!!とゆーことで、布おむつのこと聞きたかったのに、それを上回るおむつなし育児の見学にいってきました。これもなにかの運命かなって笑

 

 

おむつなし育児に関しては、HPをみていただいたほうが私の説明よりわかりやすいので興味のある方は読んでみてください♬

マンガのがわかりやすいです!

 

http://omutsunashi.org

書籍もあるそうなので私も読んでみます♬

 

次回は見学した保育園の様子を書きます♬

も〜すごい自由で良い保育園だった!✨

今のところ保育園に入れる予定はないのですが、こんなに情熱をもって子供に接してくれる保育園なら通わせたいな〜と思いました!

お楽しみに♬

 

最後までお読みいただきありがとうございます♬